オステリア ベッカフィーコ&夕日桟橋(千葉・館山)

オステリア ベッカフィーコ

館山の海沿いにある、めっちゃめちゃおしゃれなレストランです。ホームページによると、シェフは元プロボクサーとか。

スポーツ選手はやはり体作りが基本ですから、食にこだわり行きついたところがイタリアンだったのでしょうか。

県道を少し入ったところにあり、海が望める絶好のロケーションです。こんなところに住めたらいいなあとさえ思える閑静な宿や住宅街の一角にあります。

その分、ちょっと道がわかりにくく、Google先生のナビで行ったらとんでもなく細い道を案内されました。安全第一なので、「海の湯宿 花しぶき」を目指して行くと、比較的広い道を案内してくれます。

さてこのレストラン。

海岸から徒歩1分とかからないところにあり、海に向かって緩い逆V字型の建物になっていて、大きな窓が特徴的。暗くなると外から中の様子が丸見えですが、それも考えられているかのように、全てがデザインされています。

木の温かみと、海や空が広がる景色を眺めながらの食事は、まさに至福の時。ソムリエ兼ホール担当の奥様は、柔らかい物腰のステキな方で、レストラン内を彩る館山の動植物の絵画は、奥様が描いたものだそうです。どれも色鮮やかで、見ていると元気が出ます。

お料理は家庭的なイタリアンでどれもこれも食べたくなる、と言いたいところですが、敢えて欧米風にしたのかメニューがすべて文字のみなので、若干選びにくさを感じました。

みんな一括りにしてはいけないかもしれないけど、ファミレスのメニューに慣れてしまっている日本人は、どうしたもんか考えてしまって。想像力を駆使してなんとかオーダーしました。

ところが!

もしかしたらそこが狙いなの?思うくらい、お料理は私なんかの拙い想像を超えてオシャレで美味しい!だったらメニューがどうこう言うなって話ですが、気ままなブログゆえお許しください。

ワインやノンアルコールカクテル、ジュースも取り揃えてありますが、飲み物ですぐお腹いっぱいになってしまう私たちは飲み物はパスして料理に集中、サラダ、リゾット、パスタ、ピザ、ケーキを二人でシェアして大満足。

このロケーションでこのお料理が5,000円かからないのですから、申し訳なささえ感じるくらいステキなレストランです。

Googleの評価がどんなナビより信憑性があると思っている私たちは、これからも評価の良いレストランを尋ね歩こうと思います。

以上、館山のおすすめスポット3選をご紹介しましたが、今後も館山のおすすめスポットをご紹介したいと思います。

夕日桟橋

夕日桟橋はその名の通り、海に突き出した桟橋から夕日がとてもきれいに見えます。長く海に向かって続く桟橋は、500mあり日本で一番長いそうです。

穏やかな海の向こうには神奈川県三浦半島と思われる陰影があり、その上にオレンジ色の太陽がまるで線香花火の紅い玉のように光り輝いています。

それだけではなく、なんと富士山も見えてしまうんです!!

しかも意外に大きく見えるから不思議ですが、それもそのはずで館山から富士山は、直線距離で100㎞くらいとのこと。

一年を通して太陽の位置は当然移動しますが、それもまたいいものです。

7/27~7/31頃まで、富士山の頂上から太陽が沈んでいくという「ダイヤモンド富士」になるそうで、たぶん混雑は予想されますが是非一度見に行こうと思います。